株式会社フィードは安心できる住まいや暮らしを提供する為に、インシュアランス事業への進出も加速させています。

代表取締役の中村建治氏の経営ビジョン

中村建治氏のビジョン

現在、株式会社フィードの代表取締役には「中村建治氏」が就任していますが、中村建治氏が抱く経営ビジョンの中核には常に「社会貢献」「人々の暮らしを豊かにしたい」という想いが存在しています。

 

そのため、株式会社フィードでは不動産業界の古いセオリーに捉われることなく新たな角度から事業を展開する事で「多様化するニーズ」への対応を可能にしています。

 

中村建治氏が推し進める事業の中核としては「コンパクトマンション市場」が挙げられますが、このコンパクトマンション市場の将来性にいち早く目を付けていた中村建治氏は会社設立の頃から既に市場開拓へ向けて動き始めていました。

 

現在、日本国内では少子高齢化が進み、さらにファミリー世帯よりもシングル世帯が増加した事によって「シングル世帯向けマンション」の需要が高まりを見せています。

 

株式会社フィードでは早い時期からコンパクトマンション市場の将来性を見抜き、1人~2人世帯のライフスタイルに合わせたマンションの建設事業に力を注いできたという経緯があります。
そして現在、その予測は見事に的中して株式会社フィードが提供するハイグレードマンションへの需要は更に高まりつつあります。

 

 

今後の事業構想について

不動産業を中核事業としている株式会社フィードですが、今後の事業構想には「インシュアランス事業」なども含まれています。
インシュアランス事業とは「保険」に関する事業の事を指しますが、株式会社フィードでは安心できる住まいや暮らしを提供する為には「保険」が欠かせないと考え、現在は不動産業と並行してインシュアランス事業への進出も加速させています。

 

保険には実にさまざまな種類が存在していますが、株式会社フィードが取り扱うのは

  • 家財保険や地震保険、火災保険といった

    不動産に関わる損害を被った場合に保証される「損害保険」

  • 病気や怪我、死亡などが原因で生活の維持が困難になった場合に保証される「生命保険」

の2タイプです。

 

株式会社フィードはこれらの保証に関するサービスを提携する保険会社を通して顧客に提案し、より安心できる社会環境の確保をサポートする事業に力を注いでいます。