不動産業界で多いのが、能力や経験、年齢や勤務条件などが不一致な”条件ミスマッチ”があります。

離職の理由としてもっとも多い事由

人が会社を辞める理由には幾つか考えられますが、離職率の高いイメージが根強い不動産業界においてもっとも多い離職の理由としては「雇用のミスマッチ」が挙げられます。

 

雇用のミスマッチとは簡単にいうと「求人と求職のニーズが一致しない事」を指します。

 

現在、不動産業界では慢性的な人材不足に陥っている会社が数多く存在しています。
その理由として挙げられるのが雇用のミスマッチによる人材の離職や流出です。

 

不動産業界で多い雇用のミスマッチの事例としてはまず第一に能力や経験、年齢や勤務条件などの不一致によって起きる「条件ミスマッチ」が挙げられます。

 

たとえば不動産業界では求人を出す際に必ず「職業能力」や「経験」、「意識の高さ」といった条件を付け加える傾向があります。
その一方で企業側は求職者がもっとも重要視する「給与や待遇」を軽視してしまう会社が多いため、条件に関する雇用のミスマッチが発生してしまうというわけです。

 

また、たとえ魅力的な給与や待遇を提示して求人を出しても求職者の雇用後に給与条件や待遇が異なっていたりするケースも多く、そうしたギャップに耐えかねて離職してしまう人が多いという点も不動産業界が抱える大きな問題のひとつとして挙げられます。

 

 

雇用のミスマッチを抜け出す為には

近年は地方中小企業だけでなく大手企業でも慢性的な人員不足が問題となっていますが、その大きな原因のひとつに「雇用のミスマッチ」が挙げられます。
雇用のミスマッチとは一般的に「求人」と「求職」のニーズが一致しない事を指しますが、簡単に言えば企業側の求める人材と雇用される側が求める条件が一致しない状況のことです。

 

こうした状況が長く続くと雇用状況が悪化し、失業者の問題と人材不足の問題が同時に進行してしまいます。
このような雇用のミスマッチを抜け出す為には企業側が「雇用条件の引き上げ」に踏み切ったり、非正規社員の正社員化を推し進めることが重要となります。

 

また、雇用される側も高望みせず、自分の能力に合った条件や分相応の待遇に妥協する意識も大切です。

 

>>不動産業界の離職率とは