将来性のある市場に早い時期から目を付け、今後も大きく成長を遂げる可能性を秘めた会社です。

株式会社フィードの事業内容とコンプライアンス

株式会社フィードは2007年の8月に設立した比較的、新鋭の会社として知られています。
資本金は9900万円、代表取締役は「中村健治氏」となっており本社を東京都港区麻布台に置いています。

 

事業内容としては不動産開発や不動産の売買、不動産の仲介がメインとなっていますが、他にも不動産リノベーション事業や建設事業、各種保険代理業やインテリア事業、広告代理業など幅広く事業展開を行っています。

 

株式会社フィードは経営理念として「社会の未来をまっすぐ見つめながら全力で事業に取り組み、常に社会から必要とされる企業となる」という事を掲げており、さらに「社員の未来を見つめて全力で事業に取り組み、会社だけでなくそれを支える社員の人生を豊かに出来る企業を目指す」という経営理念の下で社員への待遇や教育を最優先事項のひとつとして掲げています。

 

株式会社フィードの従業員満足度は高い

そのため、取引先や顧客の満足度や評価が高いだけでなく、そこで働く「従業員」の満足度や評価が高いという点も株式会社フィードの大きな魅力のひとつです。

 

株式会社フィードではこれらの経営理念を実践する為の「コンプライアンス」を定めており、社員教育にも盛り込んで基本方針を徹底させています。
そのため、株式会社フィードは取引先や顧客、そこで働く従業員からの評価が高いだけでなく「社会的評価」も高いという特徴があります。

 

 

株式会社フィードの沿革

株式会社フィードは2007年8月に設立された比較的、新しい会社ですが革新的なアイデアと潤沢な資金力を生かして瞬く間に不動産業界を牽引する存在となりました。

 

また、フィードは不動産業界の古いセオリーに捉われることなく「お客様の視点」での住まいづくりや企画開発を行ってきた事で多くの顧客獲得に成功しており、その勢いは留まる事を知りません。

 

ちなみに株式会社フィードの中核事業は近年になって飛躍的な成長を遂げた「コンパクトマンション市場」となっており、その将来性にも注目が集まっています。
現在、東京都内を中心に単身者向けマンションの需要が増加傾向にあり、今後も長期に渡って増え続けていく見通しとなっています。
そんな将来性のある市場に早い時期から目を付け、中核事業として展開してきた株式会社フィードは不動産業界でも異質の存在であり、今後も大きく成長を遂げる可能性を秘めた会社と言えます。

 

>>中村建治氏の経営ビジョン