離職率の低い企業は有給休暇を取得しやすく、上司や同僚、部下とのコミュニケーションが取れます。

離職率の高い会社の特徴と見極め方

人は仕事をしなければ生きていけませんが、せっかく会社に就職しても「離職率の高い企業」だった場合は長く働けない可能性が高いので注意が必要です。

 

離職率が高い企業や会社には幾つかの特徴がありますが、代表的なのは「ブラック企業」と呼ばれるタイプの会社です。

 

ブラック企業の線引きは未だに曖昧ですが、一般的には「就業時間が長く給与や待遇が悪い」という特徴を持つ会社はブラック企業に該当する恐れがあるので注意が必要です。

 

離職率の高いブラック企業というのは大抵

  • 休日返上が当たり前
  • 残業代が出ない
  • 給与や待遇が悪い
  • 社員の入れ替わりが激しい

といった特徴があります。

 

また、「過去に訴訟などのトラブルを抱えていた事がある」という会社もブラック企業である可能性が高いので要注意です。

 

そして何よりも「ワンマン経営」を行っている会社というのは総じて離職率が高く、長期で働いている従業員が少ない傾向があります。

 

 

離職率の低い企業に共通する点とは

離職率の高い会社や企業には多くの共通点が存在しますが、逆に離職率が低い会社や企業にも多くの共通点があるので把握しておく事が大切です。

 

離職率が低い企業の特徴には幾つか挙げられますが、まず第一に「年次有給休暇の取得率が高い企業」というのは離職率が低く優良企業である可能性が高いと言えます。

 

企業によっては有給休暇を「企業側のコスト」と考える向きもありますが、離職率の低い優良企業の多くは有給休暇を「従業員のリフレッシュに欠かせないものであり必要な投資」と考える傾向があります。

 

また、離職率の低い企業というのは「人間関係の風通しが良好」である場合が多く、逆に離職率の高い企業は上司や先輩、同僚との人間関係が悪く従業員同士のコミュニケーションが不十分な場合が多く見受けられるため、離職率の低い企業に絞って就職したいのであればその企業内の「人間関係」を見て選ぶ事も大切です。